快適な生活空間をトータルに提供します。Amenity by Total Interior Supply

FAQ
よくある質問

【 カーテン 】



Q

普段のお手入れ方法


カーテンの汚れの原因は、ほとんどが空気中のホコリやタバコのヤニ、キッチンの煙などによるものです。
時間が経つと落ちにくくなるので、こまめにお手入れしましょう。
日頃のお手入れは見た目の美しさを保つだけではなく、カーテンそのものも長持ちさせます。

【ほこりのとり方】
お部屋の掃除をするときに、カーテンにもハタキをかけることを心がけましょう。また掃除機の先のアタッチメント(ホコリ取り)を付け、ホコリを吸い取ったり、丁寧にブラッシングするのも効果的。ホコリのたまりやすいヒダの部分を特に丁寧にかけてください。
※掃除機の場合、吸引力を調整して生地をいためないようにしてください。

Q

ご家庭での洗濯方法


最近ではほとんどのカーテンは、ご家庭の洗濯機で洗えます。
特にレースカーテンは白さがよみがえってきますので、使用する場所にもよりますが年 1~2 回の洗濯をおすすめします。
カーテンには繊維製品取扱絵表示がついていますので、必ず絵表示にしたがって洗濯してしましょう。

①カーテンの裏面に縫い付けている取扱い表示を確認してください。

繊維製品取扱い表示の読み方


家庭での洗い方

取扱絵表示
液温は40℃を限度とし、手洗いができます。

取扱絵表示
家庭での洗濯はできません。

取扱絵表示
液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができます。

取扱絵表示
液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができます。

漂白の使用について

取扱絵表示
酸素系漂白剤による漂白処理ができますが、塩素系漂白剤による漂白処理はできません。

取扱絵表示
塩素系漂白剤および酸素系漂白剤による漂白処理はできません。

タンブル乾燥について

取扱絵表示
タンブル乾燥はできません。

※タンブラー(回転)乾燥機による乾燥のことをいいます。コインランドリーやご家庭に普及している乾燥機と洗濯機の乾燥機能も含みます。

自然乾燥について

取扱絵表示
日影でつり干しをしてください。

アイロン仕上げについて

取扱絵表示
「・・」150℃まで。

取扱絵表示
「・」110℃まで。

取扱絵表示
アイロンは掛けられません。

クリーニング店での洗い方

取扱絵表示
ドライクリーニングはできません。

取扱絵表示
ウエットクリーニングはできません。

取扱絵表示
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができます。

②カーテンのフックを取り外します。

取り外すときは、フック全体をそのまま下に引き抜き、カーテンから外します。生地をひっかけないようにしましょう。

③カーテンのホコリをよく払ってください。

④形を保つために、屏風だたみにしてさらに2ツ折にします。

編みレースなど生地が繊細なものはネットに入れます。
※洗濯機の容量にもよりますが、1回の洗濯で、幅100cm×丈200cmの場合、厚手のカーテンなら1枚、薄手のものは2枚が目安です。

⑤洗濯機の水量は最大、水流は弱が基本。40℃以下のぬるま湯か水で洗います。

レースや繊細なデザインが施されているドレープは、洗濯ネットに入れてください。
すすぎ後に柔軟剤を入れると、静電気による黒ずみや洗濯ジワが防げます。漂白剤を入れる場合は、塩素系のものなら白のレースのみに。

⑥脱水は1分程度が適当です。

⑦フックを取り付け、もとのカーテンレールに吊り下げて自然乾燥させます。

軽く引っ張り、全体を手でたたくとシワも伸びます。※乾燥機は使用しないで下さい。

※手洗いの場合

30℃以下の水で押し洗いをします。もみ洗いはシワの原因になるので避けてください。その他は洗濯機洗いと同じです。

※つけ置き洗いの場合

汚れのひどいカーテンに効果的。水温は50℃~60℃以下、30分~1時間程度つけておくのが適当です。つけ置き後、洗濯機か手洗いで洗濯します。

Q

保管方法


保管の前には、必ず洗濯(クリーニング)をしましょう。汚れを落とさずに収納すると、シミやカビの発生、ダニの温床にもなりかねません。ご自分でカーテンを洗う時は必ず取り扱い絵表示に従い、上記の要領でお願いします。

【たたみ方】
洗濯・吊り干し乾燥後、折りたたんで保管します。
3ツ山など、ヒダがあるカーテンはヒダを整えながら、ヒダ山と谷にそって屏風たたみをし、収納スペースに合せて折りたたんでください。ヒダ山がないカーテンは、普通に平たたみしてください。
特にミラーレースは生地の特性から折り目が目立ちます。吊っているうちに気にならなくなりますが、時間が経過しても折り目やシワが取れない場合がありますのでご了解ください。(アイロン不可のマークが付いている場合はアイロンの使用はお控え
ください。)

保管時の注意

収納には圧縮袋は使用せず、少しゆとりのあるビニール袋へ入れ、湿気の少ないところに保管してください。保管の際には余分なシワがつかないように、ご注意ください。
※掃除機の場合、吸引力を調整して生地をいためないようにしてください。

Q

窓の種類と採寸方法


窓にはさまざまなカタチがあります。カタチごとに似合うカーテンのスタイルもありますが、人の出入りが多い場所、カーテンを開け閉めする頻度、直射日光や風の強さなどの状況によっても、カーテンのスタイリングは変わってきます。それぞれの窓の用途を確認することも大切です。

【掃き出し窓】
リビングルームなどによく見られる、床面まで開口部があり、人が出入りできる大きな窓のことを言います。お部屋の中でも大きな面積を占めるので、イメージづくりには重要です。

掃き出し窓の採寸方法
●幅: カーテンレールの長さを測り、約5%プラスする。
●丈: 〈ドレープの場合〉
カーテンレールのランナーの穴から床までを測り1cmマイナスする。
〈レースの場合〉
ドレープカーテンの丈から1cmマイナスする。

【腰高窓】
床から上がった位置にあり、人の腰の高さぐらいになっているのでそう呼ばれます。カーテンの丈は窓枠から下部 15~20cmが一般的。ただ腰窓の下にチェストなどの家具を置くときは、バランスをみて丈を決めましょう。
また腰高窓でも床までの丈にすると、天井が高く見えすっきりと見えます。

腰高窓の採寸方法
●幅: カーテンレールの長さを測り、約5%プラスする。
●丈: 〈ドレープの場合〉
カーテンレールのランナーの穴から窓枠の下までを測り15~20cmプラスする。
〈レースの場合〉
ドレープカーテンの丈から1cmマイナスする。

【出窓】
出窓は窓が外に出っ張った腰高の窓です。エレガント、クラシックテイストな雰囲気を醸し出し、出窓ならではのスタイルカーテンが楽しめます。

【小窓】
主に採光のために存在する小窓は、個性を演出できる格好のスペースです。

Q


フックはカーテンをレールに取り付けるための部材です。レールには機能レールと装飾レールがあり、さらに天井付けか正面付けかにより、フックの種類が違ってきます。
今のカーテンレールが、どんな種類でどのように付けられているか、またどんなカーテンレールをどのように取り付けたいか、必ず確認しましょう。

【フックの種類】
A フック:レールが見えるタイプ。装飾レールの場合や天井付けなどに使用します。
B フック:レールが隠れるタイプ。正面付けの機能レールに使用します。
アジャスターフック:カーテン丈を調節でき、A,B 両方に使えます。

フックの種類


【 カーペット 】



Q

普段のお手入れ方法


週に1~2 回ほど掃除機をかけましょう。 掃除機はゆっくりとかけます。 よく見るとカーペットにはパイルが寝ている方向(毛並みの方向)があります。 まず毛並み方向に、そして逆方向に二度かけするのが理想です。 時間がない場合は、毛並みと逆方向に一回かけます。 1㎡で1分間の目安で、強く押さえずにゆっくりゆっくりかけましょう。
絡みついて取れなかったゴミやホコリは、粘着ローラーで取り除きましょう。

〈毛並み方向の確認〉
一般的には手でなでてみてカーペットの色が薄くなるほうが毛並みの方向です。 カーペットの色が濃くなる方向(毛並みの逆)に毛を逆立てるようにするとホコリが取れやすくなります。

※パワーブラシの多用はカーペットの風合いを損なう可能性があります。通常吸引でゆっくりお掃除されることをおすすめします。

Q

念入りなお手入れ方法


月1回はふき掃除をします。 カーペットが薄汚れているな、と感じたら、掃除機をかけた後に水を絞ったぞうきんで、毛並みの逆方向にふきます。 こうすることでパイルの奥にある汚れを取ります。円を描くようにふくのは、汚れが散乱するので厳禁です。 汚れがひどい場合は、中性洗剤をぞうきんにつけてふきます。最後に水ふきをして、必ず洗剤分を残さないようにします。
洗剤を使う場合は、事前に必ず、隅の方で試して色落ちや縮みがないか確かめましょう。

※素材によっては専門家に取扱いがデリケートなカーペットもあるので、特に高価なシルクやウールの手織絨毯などは、必ず専門家に相談してください。
※中性洗剤のご使用は用法、用量をお守りください。洗剤の付け過ぎは再汚染の可能性があります。

Q

汚れの種類と落とし方のポイント


家庭内でのカーペットのシミの原因別の取り方をご紹介します。
また、ここでご紹介している汚れの落とし方は、代表的な一例です。以下の点にご注意ください。

〈注意点〉
●塩素系漂白、酸素系漂白剤は絶対に使わないでください。
●ここでいうアルコールとは、市販の消毒用アルコール(エタノール)のことを指します。
●これらのお手入れ方法は、主にウール素材の場合に適しています。素材によっては、色落ちや移染などのダメージにつながることもあります。カーペットの端など、目立たないところでお試しになってから、お手入れしください。
●カーペットのシミや汚れには複合したものや、さまざまな繊維が使われている場合があります。汚れが不明なものや汚れ方がひどい場合は、専門の業者にご相談することをおすすめします。

[汚れの種類]

汚れの種類 シミ、汚れの取り方
紅茶
コーヒー類
水で固く絞ったタオルで拭く。生クリームやミルク入りのときは、薄い洗剤液で拭く。古いシミはレモン片か酢で拭くとよい。
紅茶と同じ。古くなった茶渋は酢をつけ、オキシドールで拭く。
ビール
洋酒
日本酒
水、またはぬるま湯を布か綿棒にふくませて、シミを吸い取らせるような感じでたたく。ぬるま湯でも落ちないときは、アンモニアか中性洗剤で。
果実汁
(ジュース)
汚れてすぐなら、水、またはぬるま湯をふくませた布で拭く。シミが残るときは、アンモニアか中性洗剤液で落とす。
コーラなどの
サイダー類
オキシドールで拭くか、洗剤を入れたぬるま湯で拭く。
汚れの種類 シミ、汚れの取り方
あめ
(キャンディー)
お湯に洗剤を溶かし、それで絞ったタオルで拭き取る。もし跡が残っていたら、アルコールで軽く拭く。
チューインガム 氷片でかためて取り、残ったものはベンジンでたたく。
白身は洗剤溶液でたたき出す。黄身はベンジンなどで脂肪分を取り、白身と同様にしてたたく。熱湯はたんぱく質を取れにくくするので、要注意。
チョコレート ティッシュなどで拭いてから、先にベンジンでたたいて脂肪分を取る。その後、洗剤溶液でたたき出す。
アイスクリーム
ジャム
粉末洗剤を山のように盛り上げ、ベトベトしたものを吸い取らせる。乾いてからブラシではねのけるか、掃除機の隙間ノズルで吸引する。
カレー

味噌汁
水かぬるま湯で絞った布、または綿棒でたたく。落ちなければ、洗剤溶液(毛糸洗い用)で同様にしてたたきだす。
ケチャップ 紙で拭き、酢で拭く。色が残ったら、オキシドールで拭く。
しょうゆ
ソース
ティッシュペーパーなどでできるだけ吸い取り、洗剤を入れたぬるま湯で拭く。
生クリーム
マヨネーズ
バター
ヘラでこすり取り、お湯を含ませた布で拭く。その後洗剤液で拭く。まだ残るようなら、アルコールで。
汚れの種類 シミ、汚れの取り方
口紅 アルコールでこすり取り、洗剤を入れたぬるま湯で拭く。
クリーム
(化粧用)
紙で拭いてから、アルコールで拭き、洗剤を入れたぬるま湯で拭く。
香水
化粧水
石鹸水で拭く。
マニキュア マニキュアの除光液で注意深く取る。
ファンデーション
(お白粉を含む)
ティッシュペーパーで拭き、洗剤液で拭く。残る時、アルコールで拭く。
汚れの種類 シミ、汚れの取り方
インク
(青・黒)
黒インクは洗剤で洗う。青インクは、ハイドロサルファイトの1%溶液を50~80℃にあたためたものに布か綿棒を浸したたき出す。
インク
(赤)
吸水紙で吸い取り、洗剤を溶かしたぬるま湯で拭く。または10%のアルコールかオキシドールで拭く。
朱肉
印肉
食用油をつけて拭き、洗剤で油を拭き取る。拭き広げないように注意すること。
クレヨン
靴墨
アルコールを歯ブラシにつけて、たたくようにして取る。その後、ぬるま湯で拭く。
ご飯粒を練って糊状にし、シミの上にのせて汚れを移し取るようにしてつまみ洗いする。毛羽立ちやすい繊維は板の上に乗せてヘラでしごく。墨は拡散しやすいので注意。
汚れの種類 シミ、汚れの取り方
血液 オキシドールで拭くと簡単。または、水洗いしてから石鹸かアルコールで洗い、アンモニア液に浸す。古いシミもオキシドールで漂白。
尿 お湯をかけながらタオルで何回か拭く。その後、酢で拭く。カーペットを少し浮かせて、しばらく風通しをよくする。
ペットのふん
赤ちゃんのそそう
漂白剤入りのクレンザーを盛り上げ、ベトベトしたものを吸い取らせる。乾いてから、掃除機の隙間ノズルで吸引。漂白剤は殺菌作用があり臭気も消える。
よく乾かして指先で落としてからブラッシング。その後、洗剤を入れたぬるま湯で含ませた布でたたき落としてから水で拭く。
こげあと ウールなどの天然素材の場合、スチールウールで表面を軽くこする。その後、オキシドールを含ませたガーゼの上からアイロンをかけ漂白。
ろうそく ティッシュペーパーをあてて、上からアイロンをかける。ウール以外の素材は設定温度に注意。

Q

カーペットとダニの関係


ダニ対策にはフローリングという考えが浸透し、またお手入れも簡単なことから、住宅の床材はフローリングが普及しています。もともとカーペットにはダニはいませんが、ダニが生息しやすいのは事実です。
ところが床材をフローリングにしただけでは、ダニ対策にはなりません。ダニは寝具や家具、フローリングなどあらゆる所に生息します。
結局のところ、掃除を怠ればどんな床材に替えても、ダニには悩まさることになります。
一方、床材をカーペットにするメリットのひとつに、カーペットは繊維で出来ているので、フローリングなどの硬い床に比べて、ダニや花粉・ホコリなどが舞い上がりにくいことが挙げられます。
アレルギーは空中浮遊しているダニや花粉を吸い込むことで発症するといわれており、必ずしもカーペットだけがアレルギーを発症させる要因にはなりません。
(出典:カーペットはすばらしい/ 日本カーペット協会)

Q

2種類の防ダニカーペット


カーペットを敷きたいけれど、ダニが心配。」という方は、防ダニカーペットを選択肢のひとつにするのも有効です。
では、防ダニカーペットとは一体どんな効果を発揮するのかご存知でしょうか? 防ダニカーペットの防ダニ性能は、大きく2つにわかれます。

[忌避効果]

薬剤の揮発によりカーペットにダニを寄せ付けない効果です。
アスワンの防ダニカーペットは、薬剤の安全性にも十分配慮されており、さらに肌が直接触れない所に加工をしているので安心です。
忌避効果

[増殖抑制効果]

ダニを増やさない効果を持ちます。ダニはカーペットの中で繁殖するので、この繁殖を阻止することで、徐々にダニを減らしていきます。
〈セグロセラの増殖抑制効果〉
カーペットの基布に、無臭・無揮発のセグロセラを練り込んだ防ダニカーペットです。セグロセラはダニの水分を奪って生殖できない状態にすることで、ダニの増加を防ぎます。
増殖抑制効果

商品情報
シリーズ紹介      カーテン
            カーペット&ラグ
            ブランド
            コントラクト資材
インテリア選びのヒント おすすめカーテン
            おすすめカーペット
            インテリアコラム
            よくある質問
インテリア検索

カーテン
カーペット
ラグ&マット

デジタルカタログ

カーテン     オーセンス
         セ・ラ・ヴィ
         YESオーダーカーテン
         タフネス
カーペット・ラグ YESカーペット
         ロボフロアー
To Top