ミュルーズ染織美術館コレクション
History
染織の宝庫として世界に名を
轟かせているミュルーズ染織美術館
ミュルーズ染織美術館
ドイツ・スイスの国境に近い、フランス・アルザス地方は、歴史的にも染織産業が盛んな地域でした。
中でも、同地方のミュルーズの町の染織業者やデザイン工房は、18世紀初頭から、パターンデザインの重要性に目覚め、インドの更紗、インドネシアのバティック、ヨーロッパ各国のプリントなど、世界中から素晴らしい捺染製品や図案を集めてきました。
その後1833年には、ミュルーズ工業協会が設立され、染織業者は染織見本を登録することになり、1857年、これらのコレクションをもとにした「ミュルーズ染織美術館」が創設されました。
ミュルーズ染織美術館
ミュルーズ染織美術館コレクション
ミュルーズ染織美術館コレクション
ミュルーズ染織美術館コレクション
ミュルーズ染織美術館コレクション
以来、所蔵品は次々と増やされ、現在その数は約600万点。
18世紀前半からのヨーロッパ、アジア、アフリカ、太平洋およびアメリカの手捺染・機械プリントと染織品のすべてが揃うコレクションは、世界最高峰の評価を得ています。
歴史のあるコレクションは、今もなお、ファッションやインテリアなどのデザインソースとして人々の感動を集め、輝きを放ち続けています。
ミュルーズ染織美術館コレクション ミュルーズ染織美術館コレクション
ミュルーズ染織美術館コレクション