快適な生活空間をトータルに提供します。Amenity by Total Interior Supply

アスワングループ理念会社概要事業所一覧採用情報

社団法人日本インテリ

アファブリックス協会

インテリアのお話 床のインテリア カーペットのお手入れ方法

●カーペットのお手入れ方法



空気中のちりが集まり、目に見えるかたまりになったものをホコリといいます。カーペットは空気中のチリをのがさず、再び飛び散るのを防いでくれるので、フローリングに比べてホコリが出来にくく、舞い上がりにくい床材です。定期的なお手入れを心がけることで、いつまでも清潔に保てます。


ふだんのお手入れ

週に1〜2回ほど掃除機をかけましょう。掃除機はゆっくりとかけます。よく見るとカーペットにはパイルが寝ている方向(毛並みの方向)があります。まず毛並み方向に、そして逆方向に二度かけするのが理想です。時間がない場合は、毛並みと逆方向に一回かけます。1m2で1分間の目安で、強く押さえずにゆっくりゆっくりかけましょう。
からみついて取れなかったゴミやホコリは、粘着ローラー(コロコロ)で取り除きましょう。

※毛並み方向の確認
一般的には手でなでてみてカーペットの色が薄くなるほうが毛並みの方向です。カーペットの色が濃くなる方向(毛並みの逆)に毛を逆立てるようにするとホコリが取れやすくなります。

注:パワーブラシの多用はカーペットの風合いを損なう可能性があります。通常吸引でゆっくりお掃除されることをおすすめします。

   



念入りなお手入れ

月1回はふき掃除をします。カーペットが薄汚れているな、と感じたら、掃除機をかけた後に水を絞ったぞうきんで、毛並みの逆方向にふきます。こうすることでパイルの奥にある汚れを取ります。円を描くようにふくのは、汚れが散乱するので厳禁です。  
汚れがひどい場合は、中性洗剤をぞうきんにつけてふきます。最後に水ふきをして、必ず洗剤分を残さないようにします。洗剤を使う場合は、事前に必ず、隅の方で試して色落ちや縮みがないか確かめましょう。

注:素材によっては専門家に
取扱いがデリケートなカーペットもあるので、特に高価なシルクやウールの手織絨毯などは、必ず専門家に相談してください。

注:中性洗剤のご使用は用法、用量をお守りください。洗剤の付け過ぎは再汚染の可能性があります。
     
戻る   次へ