快適な生活空間をトータルに提供します。Amenity by Total Interior Supply

アスワングループ理念会社概要事業所一覧採用情報

社団法人日本インテリ

アファブリックス協会

インテリアのお話  窓のインテリア カーテンのお手入れ方法
 
●カーテンのお手入れ方法

 

ふだんのお手入れについて

カーテンの汚れの原因は、ほとんどが空気中のホコリやタバコのヤニ、キッチンの煙などによるものです。時間が経つと落ちにくくなるので、こまめにお手入れしましょう。 日頃のお手入れは見た目の美しさを保つだけではなく、カーテンそのものも長持ちさせます。


 
【ほこりのとり方】
お部屋の掃除をするときに、カーテンにもハタキをかけることを心がけましょう。また掃除機の先のアタッチメント(ホコリ取り)を付け、ホコリを吸い取ったり、丁寧にブラッシングするのも効果的。ホコリのたまりやすいヒダの部分を特に丁寧にかけてください。

※掃除機の場合、吸引力を調整して生地をいためないようにしてください。



カーテンのお洗濯

最近ではほとんどのカーテンは、ご家庭の洗濯機で洗えます。特にレースカーテンは白さがよみがえってきますので、使用する場所にもよりますが年1〜2回の洗濯をおすすめします。カーテンには繊維製品取扱絵表示がついていますので、必ず絵表示にしたがって洗濯してしましょう。


 

1.取扱洗濯絵表示を確認します。 

<繊維製品取扱い絵表示の見方>

  洗濯機の弱水流で、水温40℃が適温
  押し洗いで水温30℃が限度。洗濯機は使用できません。
  ご家庭での洗濯はできません。信頼のおけるクリーニング店へ。
 

【洗濯表示変更について】

2016年12月1日より、繊維製品品質表示規定が改正され、繊維製品の洗濯表示が新しいJIS(日本工業規格)にならったものに変更となりました。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

繊維製品の取扱いに関する表示記号(洗濯表示)の変更に伴うQ&A

  2.カーテンのフックを取り外します。
取り外すときは、フック全体をそのまま下に引き抜き、カーテンから外します。生地をひっかけないようにしましょう。
  3.ホコリをよく払います。
  4.カーテンをたたみます。
カーテンのヒダを揃えて屏風たたみにし、さらに2ッ折にします。編みレースなど生地が繊細なものはネットに入れます。

※洗濯機の容量にもよりますが、1回の洗濯で、幅100cm×丈200cmの場合、厚手のカーテンなら1枚、薄手のものは2枚が目安です。
  5-a.(洗濯機洗いの場合)
水は最大、水流は弱が基本です。40℃以下のぬるま湯で洗います。レースや繊細なデザインが施されているドレープは、洗濯ネットに入れてください。すすぎ後に柔軟剤を入れると、静電気による黒ずみや洗濯ジワが防げます。
漂白剤を入れる場合は、塩素系のものなら白のレースのみに。

<繊維製品取扱い絵表示の見方>
   塩素漂白剤による漂白ができる
   塩素漂白剤による漂白はできない
  5-b.(手洗いの場合)
30℃以下の水で押し洗いをします。もみ洗いはシワの原因になるので避けてください。その他は洗濯機洗いと同じです。

5-c.(つけ置き洗いの場合)
汚れのひどいカーテンに効果的。水温は50℃~60℃以下、30分~1時間程度つけておくのが適当です。つけ置き後、洗濯機か手洗いで洗濯します。
 

6.乾燥
きれいにたたみ直してから脱水します。フックを取り付け、もとのカーテンレールに吊り下げて自然乾燥させます。軽く引っ張り、全体を手でたたくとシワも伸びます。

※乾燥機は絶対に使わないで下さい。



カーテンの保管について

保管の前には、必ず洗濯(クリーニング)をしましょう。汚れを落とさずに収納すると、シミやカビの発生、ダニの温床にもなりかねません。ご自分でカーテンを洗う時は必ず取り扱い絵表示に従い、上記の要領でお願いします。

 
【たたみ方について】
洗濯・吊り干し乾燥後、折りたたんで保管します。
3ツ山など、ヒダがあるカーテンはヒダを整えながら、ヒダ山と谷にそって屏風たたみをし、収納スペースに合せて折りたたんでください。ヒダ山がないカーテンは、普通に平たたみしてください。
特にミラーレースは生地の特性から折り目が目立ちます。吊っているうちに気にならなくなりますが、時間が経過しても折り目やシワが取れない場合がありますのでご了解ください。(アイロン不可のマークが付いている場合はアイロンの使用はお控えください。)

【保管時の注意】
収納には圧縮袋は使用せず、少しゆとりのあるビニール袋へ入れ、湿気の少ないところに保管してください。保管の際には余分なシワがつかないように、ご注意ください。