快適な生活空間をトータルに提供します。Amenity by Total Interior Supply

アスワングループ理念会社概要事業所一覧採用情報

社団法人日本インテリ

アファブリックス協会

インテリアのお話  窓のインテリア カーテンのかたち

●カーテンのかたち (3)


ここでは薄地カーテンについて紹介します。ともすると地味な存在になりがちですが、窓辺から射し込む光をやわらかに透して、移り変わる季節の趣を心地よく感じることのできるレースの優しい表情は、毎日の暮らしをゆたかにしてくれます。


薄地の縫製やスタイル

レース、ボイルと言えば“白”だと思っていませんか。最近では、デザイン性のある柄のボイルや、様々な色のカラーレ
ースなど種類も色も豊富にあります。薄地はドレープと違って透明感があるため、柄や色があっても重くならず、軽やかな窓辺を演出できます。
ここでは薄地を主役にしたワンランク上のスタイリングをご紹介します。


ウエイトテープ縫製
ウエイトテープ縫製
カーテンの裾にウエイトを縫いこむ仕様。
裾に折り返し部分を取らないのでラインが美しく軽やかになり、すっきりとした印象の窓辺になります。
ヨコ使いの生地に対応できます。

>ヨコ使いについて
アンサンブル縫製
アンサンブル縫製
デザイン性の高い薄地に光沢感のある無地ドレープを上部で一体縫製したスタイル。光や風を通すことでファブリックスの表情がやわらかく変化します。また、部屋側が薄地になるので、カーテンを閉めたときや夜でも美しいデザインが楽しめます。
センタークロス
センタークロス
たっぷり生地を使い、2枚のカーテンを吊り元のセンター部分で突き合わして固定したスタイル。カーテンの突き合わせの部分にはフリル、もしくはトリムをあしらいます。
出入りの多い窓には不向きですが、窓全体をエレガントに演出でき、見た目や雰囲気を楽しむことができます。
トリム付シェード
トリム付きシェード
プレーンシェードにトリムをプラスするスタイルです。
マクラメレースのトリムをつけることで、甘すぎない、エレガントモダンな表情を楽しむことができます。

バルーンシェード
バルーンシェード
シェードを上げていくと、丸みのあるシルエットに変化する、とてもエレガントなスタイルです。裾にフリルやトリムをあしらうことができ、よりロマンチックな窓辺になります。

セパレート
セパレート
縦長のカーテンをタッセルでまとめる可愛らしいスタイルです。サイド~裾~サイドにフリルやトリムをあしらいます。窓の外からも楽しめる装飾性の高いデザインです。

スカラップ
スカラップ
出窓などの腰窓に使うスタイルです。裾にフリルやトリムをつけ、エレガントに仕上げます。スカラップのカタチにはバリエーションがあり、窓の外からも楽しめる装飾性の高いデザインです。
  スカラップ



薄地のスタイリングのヒント

たいていのご家庭の窓はドレープとレースの二重吊り、それもドレープを部屋側にレースを窓側にしていることが多いのではないでしょうか。
カーテンのスタイリングもさまざま。人目を気にしない窓には、デザイン性ゆたかなレースを一枚吊りにすることもあります。厚地ドレープより若干透け感があり、レースよりは目隠しになる、ライトドレープを一枚吊りにしても良いでしょう。

フロントレース
部屋側にレース、窓側 にドレープ
“フロントレース”と呼ぶこともあります。昼でも夜でもレースのデザインを楽しめるのが魅力です。 無地のドレープと合わせることが多く、ドレープの色によって印象も変わります。
装飾性の高いレースにぜひ試してほしいスタイルです。
一枚吊り
一枚使いで開放的に
高層マンションや、人目の気にしない部屋であれば、薄地のレースを1枚かけるだけでも素敵です。




戻る   次へ